言葉が遅い子は頭が良いって本当⁈気になる言葉の成長発達について

我が子の発達が遅いのではないか?なんでうちの子はあまり喋ってくれないんだろうか…。そんな悩みを親であれば、1度は経験した事があるでしょう。周りと違うかも?と感じると、とても不安になってしまいますよね。

子どもは、大人が想像している以上にたくさんの事を見て学んでいます。大人が言っている事を、言葉を話せなくても自分なりに理解したり考えているのです。またこれは子どもそれぞれの個性として、周りと比べないようにすることも大切と言えます。

あまり過度に心配しすぎる事は良くありません。言葉が遅いからという理由で無理矢理喋らせてみたりすると、子どもは恐怖心を覚えて余計に話をしてくれなくなってしまうでしょう。

言葉が遅くて心配していたけれど、その後名門大学に合格したなんて人も珍しくはないのです。心配していたその時期を過ぎれば、みるみるうちに驚くような成長発達をする事だってあるのです。

言葉の発達は環境が影響している⁈

子育ての悩みは、いくつになっても尽きる事がありません。言葉の発達が遅いと、何か障がいがあるのでは…と不安な気持ちに駆られてしまいますよね。

親の関わり方や子どもを取り巻く生活環境などが、子どもの発達に大きな影響を及ぼします。また本来その子が持っている個性も影響してくるのです。

当然ですが、子どもに声かけをしなければ言葉を喋るどころか理解することもできません。日々のコミュニケーション方法を見直してみると良いでしょう。

楽しんだり一緒に笑う事が、子育てには何よりも重要なことなのです。あまり悩んだり自分を責めたりせず、とにかく楽しみながら子どもとコミュニケーションを取っていきましょう。

子どもに対する親の声かけ

子どもに対して「〇〇したいから△△なのね!」「これは〇〇だから、こうなるのよ!」と親が一人で結論まで話してしまい、さらに解決させている場合が多くあります。気を利かせて何でもやってあげているようで、これは子どもに考えたり発言する機会を奪っているのです。

何気ない日常生活の中で見聞きする会話や行動の中で、たくさんの事を学び吸収していくのが子どもの特徴と言えます。何気ない日常の一つひとつの行動の中で、「〇〇はどこにあったかな?」「これはどうする?」と子ども自身が考えて発言する機会を与えてあげると良いでしょう。

どんなに質問を投げかけても、言葉が返ってこないこともあるでしょう。きちんと理解しているのか、発達が遅いのではないのかと心配になってしまいますよね。しかし、子どもは大人の姿を良く観察してたくさんの事を考えているのです。

個性や生活環境

当然な事ですが、人間にはそれぞれ個性があります。マイペースな人やせっかちな人、人見知りやお喋り好きなど様々です。人間が本来持っている個性であったり、取り巻く環境によって形成されてきた性格など、あらゆる刺激を受けながら人は成長していきます。

多くを語らず物静かな家庭とお喋りが大好きで賑やかな家庭を比べると、その違いがわかりますよね。家庭環境や親の性格などが、子どもの個性や性格に大きく影響しているのです。

なぜ言葉の発達が頭の良い悪いに関係するの⁈

では、なぜ言葉の発達が頭の良さに関係してくるのでしょうか。言葉に遅れを感じても、大人が言った事をしっかりと聞いて理解していれば問題ありません。理解をしているという事は、子どもはたくさんの単語を覚えているということになりますね。

エジソンやアインシュタイン、モーツアルトは、5歳前後になっても流暢な言葉を話す事ができなかったそうです。しかし、彼らはその後それぞれの分野で天才的な才能を開花させました。彼らはそれぞれが興味ある事を一生懸命探究し、名前が世界中に知れ渡るほどの功績を残していったです。

このようなことから、言葉の発達と知能に関しては絶対に関係性を持っているとは言えないという事がわかります。誰にでも得意不得意があり、できないからといって何か障がいがあると決めつけてしまうのは間違いではないでしょうか。

まとめ・子ども個性を大切にしましょう!

以上のように、言葉の遅れがみられるからといって知能も同様に遅れるという根拠はありません。かつての偉人の歴史を知ると、皆言葉の発達の遅れに1度は悩みながらも大きな功績を残しています。歴史を変えるような大きな発明をしたり今でも良く耳にする曲を作ったりと、素晴らしい人物ばかりですね。

子どもに限らず人間は誰でも個性があり、性格も違います。言葉の発達もすぐに障がいや病気があるのではと疑わず、個性と捉えてみてください。また積極的に子どもとコミュニケーションをとり、子どもが興味あることや好きな事を見つけてあげましょう。そしてその能力を目一杯伸ばしていってあげる事が大切です。